島風とシマ神

菅田正昭のシマ論 でいらほん通信

 01〜50はhttp://deirahon.com/sub/に引っ越しました

 

01 生国魂(いくたま)社(2002.09.15)

02 伊豆諸島という呼称の変更の問題について(2001.11.01)

03 カクレ青ヶ島ファンだった高円宮憲仁親王殿下の薨去を、こころから哀悼いたします(2001.11.22)

04 伊豆七島と伊豆諸島(2002.12.10)

05 《特定外周領域》の淵源とその系譜 ――ひとつの試論のための荒削りの素描――(2003.02.15)

06 ペリーの浦賀来航と沖縄、小笠原諸島、そして林子平の関係(2003.05.18)

07 ジル・ドゥルーズの《無人島》を読んでの心覚え(2003.10.05)

08 御蔵島という島名の中のクラという語の意味(2003.11.15)

09 尖閣、竹島、北方四島の問題――再び《特定外周領域》について――(2004.04.15)

10 伊豆七島は静岡県だったんですよ ー ある歴史学者はかく語りき ー(2004.06.15)

11 青ヶ島で国民年金の担当をしていた頃(2004.07.15)

12 宗像の津加計志神社と織幡神社を参拝して(2004.11.15)

13 国会議員および島を愛する全ての人へのお願い(2005.01.10)

14 公職選挙法施行令(昭和25年5月1日施行)第147条について(2005.05.20)

15 イザヤ書における「島々」の意味―世界史の交差点としての島々―(2005.09.01)

16 旧暦の霜月の寒さでタマフリの必要性を感じたこと(2005.12.30)

17 幻の鬼ヶ島(神奈川県川崎市中原区市ノ坪)を探しに行く(2006.0302)

18 大田区の旧・鵜ノ木村の飛地・沖島(奥島)について(2006.03.05)

19 聖性と賤性が交錯するシマとしての窟(2006.04.05)

20 玉川弁財天と要島 ― 江戸時代の「水母なす漂へる島」を修理固成した要石の役割 ―(2006.04.23)

21 フーテンの寅さん所縁の柴又は、正倉院御物「養老五年(721)下総国葛餝郡  大嶋郷戸籍」の「嶋俣里」に発します(2006.0501)

22 島を意味する諸言語の表(2006.06.01)

23 少子化・人口減の原因は市町村合併による村潰し・島潰しにあり(2006.06.18)

24 オロロン鳥は悲しく啼き、そして浅之助は…!(2006.08.01)

25 政治の季節と地方という霊性 ーもちろん島からの視点ー(2007.03.05)

26 <硫黄島>の呼称変更への疑義(2007.06.28)

27 野本三吉著『海と島の思想―琉球弧45島フィールドノート』(現代書館、2007年)を読んで(2007.07.09)

28 再び「佐々木卯之助砲術稽古場」について(2007.09.01)

29 再び川崎市・市ノ坪の「鬼ヶ島」について(2007.09.23)

30 〈島〉という聖域が危うくされている(2007.10.04)

31 《八郎》子と源為朝(2007.10.04)

32 英語のislandの語源(2007.12.01)

33 〈シマ・ウッナー〉カイエ(1)(2008.04.01)

34 〈シマ・ウッナー〉カイエ(2)(2008.08.01)

35 還住(かんじゅう)と還住(げんじゅう)(2008.10.04)

36 息津嶋神・葛嶋神・坂代神という三島〈三宮〉構造(2009.02.01)

37 八丈嶋の「わきしま」鬼が嶋の〈五種+α〉神宝(2009.04.09)

38 都議補選(島嶼部)の開票結果と普天間の問題(2010.02.01)

39 村有地に建つ青ヶ島の神社(2010.02.06)

40 青ヶ島が奪われる?(2010.05.06)

41 〈シマ・ウッナー〉カイエ(3)(2010.06.07)

42 尖閣諸島の周辺は波高し?(2010.07.14)

43 東京都心の埋没した“沖島”地名(2010.09.03)

44 認識及び思考の対象の枠外に置かれがちの伊豆諸島という存在―青ヶ島を侮ること勿れ!―(2011.03.07)

45 地震以後、感じたことなぞ…(2011.05.05)

46 人口ゼロの自治体で選挙はできるのか?(2011.06.01)

47 「島」認定の沖ノ鳥島の影の功労者(2012.05.10)

48 「東洋」と「東海」(2012.05.23)

49 ムラと村-原子力ムラというときのムラの響き-(2013.08.01)

50 ロレンス・ダレル(1912~1990)の多島海的な心象風景について-h.20n. 1gt.頃のノートから(2014.03.12)

51   東京稲城市「島守神社」に参拝し祝詞を奏上(2015.04.01)

52 離島関係拙稿一覧(2006、4~2015、3) (2015.06.22)

53 「絶望の島」の極致、あるいは、その理念型としての無人島(2016.02.16)

54 石工系の〈海の聖〉たちもいたかもしれない?(2016.04.04)

 

 

 

(c)2002−16菅田正昭  site管理人:吉田吉文 yoyo@orange.ocn.ne.jp   profile  更新履歴